男のスキンケア/日焼け・シミ対策について

小麦色に焼けた肌はやはりカッコいいですよね。なので、男には日焼け対策なんて必要ない!もしそんな風に考えているのであれば、一度自分の顔写真にほんの少し落書きをしてみて下さい。頬や目元にほんの少しシミを書き足しただけで、愕然とするくらいに老けて見える事があるのです。それだけ、シミ一つに見た目を左右されかねません。

 

肌にこのシミを残す原因は「小麦色にやけた肌」だとしても、やっぱり男には日焼け対策は必要ない!そう考えるならばそれはそれでOK。

 

しかし、出来る限り長い間、シミのないきれいな肌でいよう!と、そんな風に考えるならば、これからご紹介する日焼けとシミの関係と対策方法を実践してみてください。

 

そうすれば、10年後あるいは20年後のあなたの肌は、同じ年齢の人に比べて若々しく輝いていることでしょう。

 

【男性の日焼け・シミ対策について】

≪日焼けとは≫

日焼けとは、紫外線の影響で肌の状態が変化する事を指しています。

 

<急激な日焼け>

海水浴やレジャーなど、日差しが強い戸外で長時間過ごした場合、肌が真っ赤に腫れ上がるほどの日焼けを引き起こすことがあります。こうなった肌は「やけど」の状態で、水ぶくれが発症したり、場合によっては眠れないほどの痛みに襲われることもあるのです。

 

経度な状態ならセルフケア&少しの休息で回復する事がほとんどですが、あまりにひどい状態の場合、強い痛みに苦しんだり、医療機関での治療が必要な場合も。また、まれに命の危険にさらされるほどの状態に置かれることもあるのです。たかが日焼けと侮らず、日焼けのリスクは出来るだけ避けた生活をおくりましょう。

 

<徐々に起こる日焼け>

毎日の通勤や通学、洗濯を干したり犬の散歩など、生活の中で気づかない内に日焼けしてしまい、気付けば肌が褐色に変化しているなんて事ありませんか?これは、急激な日焼けのように、痛みや水泡などを起こすことがない分、紫外線の影響を受けている事に気づきにくいのですが、これも立派な日焼け。肌には大きなダメージを与え、シミやシワなどの「光老化」の原因にもなり得ます。

 

≪日焼けの弊害≫

このように、日焼けした時の状態による違いがありますが、いずれにしても肌にはダメージを与えていて、30代後半ごろに急激に体に現れるといわれています。

 

30代後半になって、「急激にシミやシワが増えた」なんて事にならないためにも、出来る限り日焼けは避けましょう。そのためには、レジャーの時はもちろんですが、普段の生活においても日焼け止め・防止・日傘などを活用して、日焼け対策を行いましょう。

 

≪日焼けの盲点≫

<日焼けは一年中起こります>

男性の多くが、「日焼けは夏のもの」と勘違いしていますが、日焼けを起こすのは日光の強さではなく降り注ぐ紫外線の量。紫外線の量に違いはありますが、一年中を通して地上に降り注いでいますので、一年中日焼け対策は必要なのです。

 

<日焼けと日差しは違います>

日光さえさえぎれば日焼けはしない。そんな風に考えているのであれば、日焼けを完全に防ぐことはできません。

 

確かに、日焼けの多くは日光に含まれる紫外線によって引き起こされますが、それ以外にも紫外線は存在しているのです。

 

分散した紫外線からなる「散乱光」は空気中にも存在していますし、地面に反射する「反射光」は、日光とは逆の足元から私たちの肌を攻撃します。つまり、紫外線は日常生活を送るうえであらゆる方向から降り注いでいるのです。

 

これを防ぐためには、UV対策ウエアの着用・日焼け止めの活用・帽子・サングラスなど、あらゆるアイテムを駆使した対策が必要なのです。

 

≪日焼けとシミの関係≫

紫外線を浴びた肌は、紫外線のダメージから自らを守るためにメラノサイトという肌の奥深い部分に信号を送り、メラニン増産の指令を出します。こうして作られた褐色のメラニンが肌表面に現れる事で肌は褐色に変化します。

 

通常ならば、こうして作られたメラニンは、肌の生まれ変わりのターンオーバー時に排出されるのですが、紫外線の影響で増産されたメラニンの場合、排出される事なく肌表面にとどまり続けます。これが徐々に色素沈着を起こすことでシミとして肌表面に現れるのです。

 

つまり、日焼けすればするほどメラニンが増産され、同時にシミも増産されるという訳なのです。

出典:肌が喜ぶ化粧品で「脱・敏感肌!」口コミで人気の商品をご紹介

【まとめ】

日焼けを引き起こすのは、日光ではなく日光に含まれる紫外線。ですので、一年通した対策が必要なのです。しかも、紫外線は上からだけではなく、空気中にも足元からも私たちに影響を与えています。

 

男性にとっては面倒に感じる習慣かもしれませんが、10年後、あるいは20年後の見た目の若さを維持するためには、若いうちの紫外線対策がとっても重要です。「あの時素直に対策しておけば良かった」と、そんな風に後悔しないためには、出来るだけ早く、紫外線対策を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です